赤ちゃんの便秘改善・解消法

赤ちゃんなどの乳幼児の便秘は赤ちゃん本人も大変かもしれませんが、1番辛いのが両親、特に母親は心配で仕方ありません。


〜赤ちゃんなどの乳幼児の便秘の原因〜


・生まれつきな体質


・腹筋が弱い(排便する力がない)


・ミルク(母乳)、水分不足


・離乳食に変えはじめ


新生児〜離乳食開始前の赤ちゃんの場合は以上のような原因が考えられますが、離乳食開始後は徐々に便(大便・糞)が硬くなってくるにもかかわらず、まだ腹筋が弱いために(排便する力が弱い)便秘となることが多いようです(赤ちゃんのお腹がふくらんでいるのは、腹筋がない、弱いからです)。


〜赤ちゃんなどの乳幼児の便秘改善・解消法〜


通常の大人であれば1日1回の排便が理想的といわれていますが、赤ちゃんの理想的な排便回数はありません。
しかし赤ちゃんは消化吸収力や肛門のしまりがまだ未熟なため、大人よりも排便回数は基本的に多いのが普通です。


しかし排便回数や便の状態よりも、排便時に痛がったり苦しがっていないか、赤ちゃんの表情などをチェックしてみましょう。
排便時に苦痛があると、排便は辛いものだと無意識に思い込み、便意があってもがまんする癖がつき、大人でいう直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)になってしまいます。


生後2,3ヶ月くらいの赤ちゃんはまだ排便能力が身についてなく、苦しそうに排便するときがありますが、成長するにつれ腹筋がつき、スムーズに排便できるようになりますのでそれほど心配はいりません。
赤ちゃんは腹筋が弱いので、お腹を優しくマッサージしてあげ蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にしてあげましょう。


また離乳食に変えはじめたときに便秘になった場合は、水分と食物繊維の摂取量を意識的に増やしてあげることで改善・解消することが多いようです(食物繊維の過剰摂取は栄養素が吸収されなくなることもありますので注意しましょう)。


〜赤ちゃんなどの乳幼児の便秘と母乳〜


母乳は栄養が豊富で、その中には腸内で善玉菌の栄養素となるビフィズス菌も含まれていますので、母乳のほうがミルクで育てるよりも排便回数は多くなり、便秘になりづらいといわれています。


〜赤ちゃんなどの乳幼児の便秘と浣腸〜


赤ちゃんの便秘の場合にはよく浣腸(かんちょう)が用いられますが、定期的に浣腸を使用していると癖になり、自分の力では排便できなることもありますので、医師に相談のうえ使用するほうがよいでしょう。


〜赤ちゃんなどの乳幼児の便秘と診察〜


赤ちゃん、特に始めての赤ちゃんの場合、母親は神経質になりがちですが、2,3日排便がないことはよくあることで、それほど気にする必要はありません。


しかし1週間以上便秘が続いたり、嘔吐したり、排便時に赤ちゃんが苦しんだり痛がったりすることが続くようであれば、迷わずかかりつけの医師の診察を受けましょう。


便秘とプロゲステロン(黄体ホルモン)

プロゲステロン(progesterone)とは、女性ホルモンのひとつで“黄体ホルモン”とも呼ばれるステロイドホルモンの一種です。
成人女性の場合、卵巣の黄体からプロゲステロンは分泌されますが、妊娠中期以降になると、胎盤からも分泌されるようになります。


〜プロゲストロン(黄体ホルモン)の働き〜


・ホルモンバランスを調整


・排卵抑制作用


・乳腺の発達や体温上昇


・生理痛、偏頭痛などを改善


・子宮内膜や子宮筋の働きを調整


・血糖値を正常にする


・体脂肪の減少作用


・利尿作用


プロゲストロン(黄体ホルモン)は排卵〜次の月経までの間(黄体期)に分泌され、エストロゲンを補足する役目を果たし、女性の月経周期を決め、妊娠の維持・出産に欠かせません。
また生体内で黄体ホルモンとして働いている物質のほとんどがプロゲステロン(黄体ホルモン)でもあります。


しかしプロゲステロン(黄体ホルモン)は、排卵に備えて腸管内から水分を体内に溜め込む作用があるため、便(大便・糞)を硬くし、子宮などを緊張させ蠕動運動(ぜんどううんどう)を抑制してしまいますので便秘の原因のひとつともいわれています。


プロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌される生理前の2週間は、水分を多めに摂るなどし、便秘を予防することも大切になってきます。


女性は便秘になりやすい

女性の2人に1人、約半数が便秘に悩まされているともいわれ、特に月経の前や妊娠初期、また10〜20代の若い女性が便秘になりやすい傾向にあるようです。(男性の場合は10人に1人といわれています)。


〜女性に便秘が多い理由〜


・腹筋や横隔膜が弱い(大腸が便(大便・糞)を送り出す力が弱い)


・女性は男性に比べ骨盤が広い(腸が長い?)


・ダイエットなどによる食事量の少なさ(食事不足)


・運動不足の女性が多い


・女性ホルモンの一つプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響


・便を我慢するなどの生活習慣


まず女性は男性に比べ腸が長いといわれていますが、これは正確ではなく、腸はもともと伸縮するので男性よりも長いということはありません。
ただ女性は赤ちゃんを産むために骨盤が広く、そのためどうしても腸が伸びて、結果、腸が長いとよくいわれているのです。
腸が伸びて長くなればおのずと便が長時間腸に滞在し、便の水分が吸収され硬くなり、便が腸内を通過しにくくなるのです。


また女性はもともと男性より腹筋が弱いうえ、男性に比べ運動不足になりやすく、さらにダイエットなどで食事量が少ないことも女性に便秘が多い大きな原因です。


さらに女性は便意を感じてもトイレに行くのを我慢する傾向にあり、これが習慣になればいわゆる直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)となり、いずれ便意を感じにくくなり、より一層便秘を助長してしまいますので、便意を感じたら我慢しないことも大切なのです。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。